ご挨拶

私達はコールドチェーンの発展を通じて「日本の鮮度」を活かし続けます。 代表取締役社長 石川 公之

 トプレックと東プレは、冷凍車が本格的に普及し始める昭和40年代半ば、1968年(昭和43年)に冷凍車市場に参入しました。そして、お客様のニーズをより早く正確に反映するため、1991年(平成3年)に東プレのコールドチェーン機器事業部を分社化、トプレックとして「冷凍冷蔵車」「冷凍冷蔵倉庫」「メンテナンス」の三つの柱を軸に、定温流通業界で活躍されるお客様のご支援と企業理念である「鮮の文化の創造」による社会貢献を目指して参りました。

 私たちの食生活を取り巻く環境は、地球温暖化による自然災害などにより年々厳しいものになっています。フードロス対策は喫緊の課題であり、当社は独自の温度管理技術によって食品の消費期限延長への取り組みもスタートさせています。食べられるものは最後まで安全に品質を保ちながら消費者までお届けする技術。そして、その技術をもって「日本の鮮度」を世界にもお届け出来るよう挑戦して参ります。