冷凍・冷蔵倉庫の保守定期契約

“商品”と“鮮”の安全を守る確かな技術力
トプレックが誇るサービス品質でしっかりサポート

冷凍・冷蔵倉庫の保守定期契約を行うメリット

保守定期契約による冷凍・冷蔵倉庫整備費用の変化

常にベストコンディションで、庫内商品の安全性が大きく向上します!

天災・火災等の不可効力による修理費用は別途になります。

保守定期契約の特長

  1. ランニングコストの削減。
  2. 耐用年数の延長。
  3. 故障の予防。冷却性能の維持。安全性の確保。

冷凍/冷蔵倉庫 保守・点検の有効性について

故障の予防
定期的な診断により冷却システムの異常(故障)をある程度予測できるため、最小限の部品メンテナンスで維持でき、大きなトラブルを防止できます。
冷却性能の維持
徐々に始まる熱交換器の汚れは気がつきにくいものです。凝縮能力も汚れとともに低下、気づいた時には冷却が甘くなるばかりかファンモーター、圧縮機等にもダメージを与え、異常音の発生等冷却システム全体の問題にもなりかねず、定期点検が大切。
安全性の確保
以上の内容は運転上の問題で、これらの機器を安全にご使用になるためには、定期的に電気部品の点検やガス漏れの点検、安全装置の動作確認など行うことが大切です。

保守メンテナンス内容

室内機(冷凍機器)
  • 点検、洗浄
    (高圧水洗、薬品)
室外機(冷凍機器)
  • 点検、洗浄
    (高圧水洗、薬品)
  • オイル交換

  • 冷却稼働率低下(省エネ)
  • 品質管理(故障率低減、品質確保、衛生面向上)

防熱ドア(自動)点検、調整

  • 品質管理(品温確保、衛生面向上)

オーバードア(自動)点検、調整

  • 人的事故の防止
  • 品質管理(品温確保、衛生面向上)